新型インプレッサスポーツの口コミ情報! 評価や評判はどうなってる?

シェアする

新型インプレッサスポーツは日本国内のスバルのラインナップの中で最も売れているクルマです。

カーオブザイヤー2016に選ばれた傑作車であり選んで後悔はしないと言われていますね。

そんなインプレッサスポーツはを実際に運転した方の口コミや評価はどうなっているのでしょうか?

気になりますので調べてみました。

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。


インプレッサスポーツのエクステリアの口コミ・評価

photo2

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・レヴォーグ同様、あまり尖ったデザインでなく好き。

・先代のインプレッサの角が少し丸くなったデザイン。

・5ドアハッチバック、全高も低くスタイリッシュ。

・よく考えられた凝ったデザイン。

・シンプルでいい。

・フロントデザインについては、前モデルの方が良かったがリアのデザインが断然格好良くなった。

・ハッチバックで最もシルバーが似合う車。

・インプレッサのシルバーは格好良くておすすめ。

・インプレッサは他のCセグメント車と比較して視界が良い。

・フロントガラスの傾斜具合やピラーの位置などは圧迫感もなく、かなり見やすい。

photo5

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

・スバルが「0次安全」と表現しており、意識が感じられる。

・Cセグメント車の中では、運転しやすい部類に入る。

・ファミリーカーの部類でスポーティさも感じる外観。全体的に見通しも良い。

・先代に見られる鼻先の垂れ下がり感が薄くて良い。

・テールランプは新フォレスターなどに比べて落ち着いてる。

・ハッチの重さや、荷物を入れるうえでの位置、ねあげ高さ、雨の日に上げた際の雨滴の垂れ方など、スバル車は良く考えられている。

・ボクサーEGにより低く構えた直線的なフロントに、リアは旧インプレッサよりシャープな感じで好印象。

・万人受けするデザイン。

悪い口コミ

×V40に比べると、まあ若干の田舎っぽさがある。十分許容範囲。

×レヴォーグよりも20cmくらいノーズが飛び出す。

×LEDヘッドライトは雨や雪の日は猛烈に見にくい。

×ノーズが長いので前方の距離感がつかめない。

エクステリアの口コミは概ね好評です。

ボディサイズは全長4460mm×全幅1775mm×全高1480mmと、近年のクルマのなかではやや小ぶりです。

運転席からの視界が良好なこともあり、街中での運転も非常にラクみたいですね。

実際に、エクステリアの見た目も走りも兄貴分のレガシィを超えてもかまわないという開発関係者の意思の元でつくられたそうです。

その上質なエクステリアやドライブフィールはエントリーモデルらしからぬ仕上がりを見せています。

インプレッサスポーツのインテリアの口コミ・評価

photo6

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・質感は上位車のレヴォーグとあまり変わらない印象。

・目につくところや手に触れる場所はソフトな仕上げになっており質感はある。

・ステアリングスイッチ、メーター、ディスプレイの情報は多い。

・プラスチック感やメッキ感がなくて良い。

・豪華でないのが質感が向上してとてもいい。

・インテリアは高級感は無いが使いやすい。

・後部座席の座り心地は家族に大好評。

・車内やラゲッジスペースの広さはアクセラに間違いなく勝っている。

・見やすい位置にナビ画面が設置され、スイッチ類も簡単にアクセスでき好印象。

・レガシィの高級感には劣りますが、デザインは良い。

・感覚的に操作しやすく(見やすく)、良く考えられている。

・1.6L廉価版でもカーボン調のパーツを所々に使用している。

・サイドブレーキが全グレード電動式が標準装備。

・洗練されていると言うほどではないですが、安っぽさは感じない。

悪い口コミ

×ずらりと並んだメーター右下のボタン群は購入時より一度も触れておらず。

×ナビが高価な専用品を入れないとかっこ悪い。

×質感でいえば、アクセラの方が良かった。

×ステアリングの質感がイマイチ。本皮なのにウレタンのような感触。

×サンバイザーを戻す時に安っぽい音がする。

×シートベルトのバックル形状が持ちづらく重い。

インテリアに関しては質感が向上し力強さが増したコメントがありました。

スバルのデザイン哲学「ダイナミック×ソリッド」を量産モデルとして初めて全面採用したのがインプレッサです。

メーターパネル中央にマルチインフォメーションディスプレイを装備しています。

またアイサイト関係のスイッチはステアリングホイールの右側に集中させています。

またスバルらしい視認性と操作性の良さは言うまでもなく好評価でした。

インプレッサスポーツのエンジン性能の口コミ・評価

photo14

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・1.6リッターエンジンは平坦地で走る分には十分なパワー。

・是非2.0Lモデルを購入されることをおすすめします

・自然吸気のFB20はなかなかトルクが太く自然な印象です。

・レスポンスも良く自然な印象ですね。優等生過ぎるかも。一般道では十分な性能。

・Iモードは燃費対策用の言い訳モードです。試乗は必ずSモードにして乗って欲しい。

・CVTですが、非常に良くできています。

・リニアに加速するのを好むか、ATなどのような段階的な加速を好むか、だと思います。

・Sモードだとあまりにも気持ちよく加速する。

・1.6Lですがジェントルで滑らかな感じ。

・普段から飛ばさない人には、静かだし必要十分なエンジン。

・街中でも高速でも不満を感じることは全くありません。

・普段はIモードで走ってますが、それでも別に周りの車から遅れを取るようなことは無いです。

・急いでる時だけSモードに切り替えますが、私には十分過ぎる加速です。

悪い口コミ

×坂道はやエアコンを付けたらもう「重りを付けたのか!」と思う。

×高速道路の追い越し時も思ったほど加速せず、パワー不足を感じました。

×上り坂が多い高速道路だと、本当に疲れます。

×1.6i-LにはSIドライブがついていません。2.0i-Sでは感じない「唸ってるがスピードが上がらない」感をやや感じます。

2.0Lの自然吸気エンジンというのが珍しい時代になってきており、実用エンジンの主力は1.6Lの直噴ターボです。

インプレッサスポーツの2.0L自然吸気エンジンの動力性能は自然なドライブフィールで概ね好評です。

高速道路を頻繁に使うユーザーでなければ1.6Lでも十分なパワーです。

Sモードを選択すればなかなかの加速を発揮できるみたいですね。

ダウンサイジングターボが主力の今では、やや物足りなく感じるかもしれません。

インプレッサスポーツの走行性能の口コミ・評価

photo3

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・車高が低いからか安定感がある。

・中、高速でのなめらかな加速はすばらしい。

・50キロ以下の低速で走るのは苦手。

・意外と小回りがいい。

・インプレッサーは18インチでも5.2メートル。

・走行性能は安定している。

・直進安定性はとても高い。

・コーナーでスパッと決まる。

・ボディ剛性が高いのでサスペンションが十分に動く。

・長距離走っても疲れは感じな。

・SGPの凄さはカタログスペックでは、決してわからない。試乗は必須。

・ドイツ車と同等かそれ以上の剛性感。

・ものすごくがっしりしています。

・スピードを求める方はレヴォーグやWRXを、大型で高級感を求めている方はレガシィ、基本的な車の質を求めるのであれば、インプレッサを。

・剛性感のあるシャーシと足回りには安心感がある。

・1.6lLは車重も軽いため、フロントがスッと入っていくのでコーナーが快適。

・AWDになると少し重さを感じるのでハンドリングを優先するならFFの方がおすすめ。

・SGP最高です!このプラットフォームを設計した人は天才。

スバルグローバルプラットフォーム

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

・高速ではがっしりと直進性も向上。

・コーナでは踏ん張りが効き 段差で跳ねることも無い。

・装着後のコーナーリング性能はレガシィは越えてる。

・AWDということもあって走行性能は上々。

・SGPによる挙動の素直さを感じることができる。

・少し速度早くてもしっかり曲がってくれる。

・加速も減速もすごく自然。

・コーナリングの感触は素晴らしい。

・少々高速で入り過ぎたかなと思っても不安ゼロでカーブを曲がりきれる。

・この車に乗って「思ったように曲がる」と言うのがどういうことか良く分かる。

・低重心、SGPや足回りがしっかりしている。

悪い口コミ

×エンジン性能は良いとは思うがCVTとの相性が最悪。

×低速での緩やかな加速でノッキングのようなゴロゴロ音がする場合がある。

×CVTのミッションがクセがあり、低回転で引っかかるような挙動。

×ハンドルのセンター付近がやや安定しない。

SGPスバルグローバルプラットフォームへの好評価が多いですよね。

SGPを使用したメリットのひとつがボディのシッカリ感です。

高剛性化によってステアリング操作に対してこれまで以上にリニアに反応します。

運転する気持ち良さに磨きがかかっています。

さらなる低重心化もされており、スバルのクルマつくりの本領が発揮されています。

インプレッサスポーツの乗り心地の口コミ・評価

photo16

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・レヴォーグと比べたらベースグレードということもあるのか、好感の持てる乗り心地。

・SGPになりプラットフォームが新しくなった事もあってか、先代より大きく向上している。

・レヴォーグもあれ位のサスペンションセッティングしてくれたら、と思ってしまいました。

・しっかり感があり好印象。

・乗り心地は良い。

・静粛性やサスペンションについては、他車と比較すると低め。

・剛性の高いボディが柔らかくて良く動くサスペンションを支え好印象。

・新プラットフォームSGP、恐るべし!

・後部座席は非常に良く足元も十二分に広い。

・1.6i-Lの方がしっとりとした乗り心地。

photo7

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

・足は程よい硬さで、この車のキャラに合っている。

・シートは改善が必要では?長距離は疲れる。

・静粛性は抜群です。

・2.0Lは遮音ガラスを使っており外の騒音は本当に入ってこない。

・空調の音も低めで、ボリューム調整が殆ど不要。

・130mmの地上高だが底を擦ったことはない。

・アイサイト3は、現状ではトップレベルです。

・アイサイトは出来が良く、疲れたときに半自動運転出来るのはすごい。

悪い口コミ

×ルームミラーが自動防眩ではない。

×フロントシートの出来はイマイチ。

乗り心地に関しても、SGPの効果によるスムーズかつバランスの良い走りになっているコメントがたくさんあります。

SGPがもたらすドライブフィールは絶品なのですね。

ピッチングやロールなども従来型よりも明らかに小さく抑えられています。

サスペンションはフロントにストラット式。

リアにダブルウィッシュボーン式を採用しており、乗り心地はかなりの出来栄えです。

引き締まっているがしなやかな足回りと十分に高いボディ剛性により、目地段差を超える際などでもインプレッサスポーツは快適なフラットライドです。

インプレッサスポーツの燃費の口コミ・評価

photo12

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■良い口コミ

・スバル車なので燃費性能を求めてはいけない

・マイルドハイブリッドの「e-BOXER」がXVやフォレスターで搭載モデルが発売されましたが将来的に燃費性能の良いスバル車を期待。

・2日間一般道50%、バイパス50%乗ってみて平均が10.5キロ。

・ファントゥードライブとのトレードオフと考えるしかないかも。

・高速を走るとそれなりに伸びる。

・燃費は落ちますが、常時Sモードの方が楽しい。

・一般道平均は14km程度。

・高速走行時は17kmまで伸びる。

・1年半乗って通しで12km。

・街乗りは8km 高速で15km 飛ばすと13kmくらい。

・通常Iモード、A/S有の条件で、街中も高速も取り交ぜて総合で13km/L。

・街中だけでも10km/Lを切ることは無い。

・街乗りで10~11km、高速は15km前後。

・燃費で選んでない。

JC08モード燃費は1.6Lが18.2km/L、2.0Lは17.0km/L。

数値的にも口コミコメントでも平均的な燃費である事がわかります。

競合と比べて褒められるほどではないが、スバル車のなかでは悪くない水準です。

インプレッサスポーツの口コミ・評価のまとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd_t

いかがでしたでしょうか?

エクステリアに関しては見た目も走りも兄貴分のレガシィを超えてもかまわないという開発関係者の意思の元でつくられたそうでその上質なエクステリアやドライブフィールはエントリーモデルらしからぬ仕上がりでした。

インテリアに関してはスバルのデザイン哲学「ダイナミック×ソリッド」を量産モデルとして初めて全面採用したのがインプレッサスポーツでした。

またスバルらしい視認性と操作性の良さは言うまでもなく好評価でした。

エンジン性能ではインプレッサスポーツの2.0L自然吸気エンジンの自然な動力性能は概ね好評でした。

走行性能はSGPスバルグローバルプラットフォームへの好評価が多数ありました。。

乗り心地に関しても、SGPの効果によるスムーズかつバランスの良い走りになっているコメントがたくさんあります。

SGPによりシャーシ性能が大幅に高まり、それが運転のしやすさ、あつかいやすさに大いにつながっています。

燃費については数値的にも口コミコメントでも平均的な燃費である事がわかりました。

皆様にもさまざまなこだわりがあると思います。

素敵な1台を見つけて頂けば幸いです。

有難うございました。

アイキャッチ画像URL:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

「この⾞、予算オーバーだ…」

「値引き交渉したいけど苦⼿で…」

「ディーラーを回るのが⾯倒だ…」

「新⾞を最安値で⼿に⼊れたい…」

「⾞種を⽐較する時間ないな…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新⾞の購⼊を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる⽅は
⾮常に多くいらっしゃいます。

家族や友⼈に相談したところで
まともに聞いてもらえず


また聞いてもらったところで
欲しい⾞に⼿が届かない。


そんな⽅にオススメの裏ワザを
ご紹介します。


下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。