新型フォレスターの口コミ情報!評価の良い点悪い点を公開します

シェアする

フォレスターはスバルのグローバル量販台数ナンバーワンのスバルの屋台骨をささえる看板モデルです。

そんなフォレスターが2018年にフルモデルチェンジされました。

新型のハイライトはSGPの採用と、パワーユニットの刷新です。

新型フォレスターを実際に運転した方の口コミや評価はどうなっているのでしょうか?

気になりますので調べてみました。

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。


フォレスターのエクステリアの口コミ・評価

photo7

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・いわゆるSUVとしてはオーソドックスなスタイル。

完成されたデザイン

・初代~2代目くらいと比較すると、かなり「ゴツく」大柄に感じる。

・運転席からの見切りの良さは秀逸。

・流行りのエレガント系SUVとは対照的で良い。

・無骨で男らしさ溢れるスタイルこそフォレスターの魅力。

・見た目のエクステリアより視界性能を最大限に確保してくれた事のメリットが良い。

・運転に不慣れな人も車格を気にせず安心して運転出来る。

・最近流行りの細目ではないデザインが好き。

・フェンダーが高くなっているため車幅がつかみやすくて良い。

・サイズ的には大きすぎず小さすぎずで丁度よい。

・フロントはとても力強く押し出し感のあるデザイン。

・STIパーツも含めるとオプション選択が多く、個性を出せる。

・2.5Lガソリン車とe-BOXER車の外観の違いも、メッキ加飾やシルバー加飾があるかないか程度。

・先進装備「ドライバーモニタリングシステム」はe-BOXER車(Advance)のみ。

・ホンダ「CR-V」やマツダ「CX-5」と似ていますが、試乗した上で比較すると、間違いなく「フォレスター」が最も運転しやすい。

・スバルが「0次元安全」というのを推しているだけあって視界はとても良好。

・ミドルサイズSUVの中で運転のしやすさで選ぶなら「フォレスター」。

・写真より実車ははるかにイケてる。

・旧型に比べ、ボンネットが高くなったせいもあり、存在感がある。

・メッキがなく、すべてブラックアウトされているところが気に入ってる。

・フロントは凛々しくて好き。

・フロントフェンダーのサイドが少し持ち上がってSUVらしい良いデザイン。

・運転席からの見切りの良さに感動。

・角張ったデザインで先代より力強く見えて良い。

photo19

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

・フロントに厚みが有って重厚感がある。

・advanceはシルバーの装飾がされているが白との相性が上品。

・視界がとても良い

・先代よりあまり変わっていないが角ばったこのデザインが好み。

・X-BREAKにすると車体に入るオレンジライン+ボディ黒のツートンカラーがとても恰好よい。

・他社のように先進的なデザインでは無い。

・曲線というよりは直線を感じさせるデザイン。

・実用性を重視したエクステリアだと思う。

・良く言えば完成されたデザインですが、悪く言えば変わり映えしないデザインで保守的。

・18インチ・タイヤやメッキ加飾は思ったほど派手派手しさがなく良い。

悪い口コミ

×フェンダー辺りに水がたまってしまうのは気になる。

×欧州車のような美しいエクステリアであるCX-5に比べると、インパクトがない。

×フルモデルチェンジした割には変わっていない。

×良くも悪くも変わりばえしない。

×先代の4代目「フォレスター」から外観の変化はありません。

×フロントフォグランプ周りとテールランプ周りのデザインなどが変わっていますが、パッと見だと5代目なのか4代目なのか分からない。

×リアのデザインにもう少し厚みを持たせたい。

エクステリアの口コミは概ね好評です。

キープコンセプトに見えながらも細かい部分での改善を積極的に盛り込んでいます。

LEDヘッドランプを全車に標準装備しており、ホイールアーチにクラッディングを採用するなど、SUVらしい力強さと機能性を高めています。

またテールランプの形状が従来型との違いでは分かりやすいです。

新型フォレスターの開発コンセプトも「現行フォレスターの延長線上でもっとよくするにはどうしたらいいか」といった発想で組み立てられました。

現行フォレスターはスバル全体の1/3近くを占める超大黒柱であり、圧倒的屋台骨である北米市場で非常に好評なモデルです。

北米市場でのフォレスターはスバルトップの販売台数を記録することもあり、キープコンセプトの考えはこの様は背景からもうなづけます。

フォレスターのインテリアの口コミ・評価

photo6

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・同クラスSUVの中では最も広い。

・後席ヒートシーター&エアコン、前後席の豊富なUSBや12v電源、収納ポケットも充実。

・快適環境が乗り手のカスタマイズ次第で自由に作れる。

・ワクワクするほど広大な荷室にもコンビニフックや12v電源、活用アイデアを考えるのが楽しい。

・座席スペースは前後ともかなり広くゆったり。

・運転席のシートの可動範囲も大きく視点も高めに設定できる。

・全体的にレヴォーグよりも質感が高く、アウトバックと比較して同程度。

・後部座席は非常に広く、同乗者からは好評価。

・サンルーフは後部座席の足元まで日が入るほど大きく満足。

・後席のマルチポケットが良い。

・車内は比較的広く、同クラスのSUVと比較してもトップクラス。

質感がとても良い

・スイッチが多く未だに使いこなせていませんが、機能美に溢れていてよい。

・内装はブラウンレザーがまず目を惹く。

・いい意味でスバルっぽくなくとてもオシャレ。

・ナビ周り、インパネ、シフトレバー、コンソール辺はインプレッサとほぼ共通。

・スイッチの多さが上質感を演出して良い。

・USBポートが後席にあるのは使い勝手が良い。

・ブラウンレザーの内装にしましたが、車体色のジャスパーグリーンと非常によく合う。

・広くなり気に入っている。

photo8

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

・スイッチ類の多さに驚いたがその操作の勉強も楽しい。

・とにかく中が広い。

・家族を乗せるのに後ろが広いのでとても満足。

・ブラウンレザーがなかなか上品

・他社SUVと比較して、車幅からは想像以上に車内は広い。

・0次安全とうたう視界の良さは特筆すべきポイント。

・機能的な感じ、前後シートヒーターなど使いやすい。

・フロントにスピードメーター合わせると3つのモニターがよても良い。

・質実剛健のデザインで無駄無く纏められてる。

・分かりやすいパッケージングで、それぞれの機能で戸惑うこと無く使える。

・室内空間と窓の配置・大きさで開放感と見切りの良さはすばらしい。

・インプレッサやXVと比べても特段変わらないインテリア。

・前席も後席も広くなり、今までのフォレスターに比べて「ゆったり」。

・ブラウンの革シートがお気に入り。

・荷物が充分積めるうえ、荷物出し入れが、さらにやりやすい。

悪い口コミ

×助手席シート位置によっては助手席側にそこそこの死角がある。

×Apple CarPlayのusbポートがグローブボックス内にあるのは使い勝手が悪い。

×グローブボックスを開けっ放しにするか、i phoneをしまうかのどちらかの選択になる。

×マルチファンクションディスプレイのモニターは、シート位置によっては画面の上の方が見えづらい。

×ただブラウンの革シートがアドバンスのみの設定なのは残念。

×インパネ類は比較的暗いし配置が微妙。

×ステアリングヒーターONのボタンが暗すぎ。

×advanceで選択できるブラウンレザーシートが選べないのは残念。

×コンソールボックス中のコインホルダーは、キチキチいっぱいにしないと車が左右にロールした際に音が出るので、使えません。

×コネクターがグローブボックス内にあるのが使い勝手が悪い。

×インテリアの質という観点ですとCX-5の方が上。

×グローブボックスやコンソールボックスについて高級感がない。

インテリアに関しては質感が向上し力強さが増したコメントがありました。

身体に触れる部分の表皮エリアを拡大し、包まれる感じにより安心感を与えてくれます。

ドアトリム内側の曲面構成や長く連続したステッチによって仕立ての良さと上質感が得られます。

またスバルらしい視認性と操作性の良さは言うまでもなく好評価でした。

室内空間における前後席の乗員間距離は、先代比で33mm拡大しています。

マルチポケットやUSB充電ポートも装備され、後席の快適性は格段に高まっています。

グローブボックスについては使い勝手が良くないコメントがありましたね。。

フォレスターのエンジン性能の口コミ・評価

photo9

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・Advanceが2.5Lと決定的に異なるのは極端な2面性を持つS/Iモードの存在。

・Sモードにした途端、加速性能は2.5Lを数段上回ります。

・AdvanceはS/Iモード設定で大袈裟でなく別の車に変わる。

・踏み込んだらモーターがアシストしてくれるという感覚は確かにある。

2.5Lは非常に気持ちのよい加速を楽しむことができる。

・モーターがアシストしてくれるのは60km/h程度まで。

・2.5Lでは、80km以上でも伸びのある加速が楽しめる。

・advanceでは、2.5Lに比べて車重も100kg重く、高速道路、ワインディングでの運動性能で明らかな差が。

・2.5Lは、出足の加速も軽快で、レヴォーグ1.6Lと比較しても全く不足を感じない。

・2.5Lガソリン車とe-BOXER車の最大の違いは、”走り”です。

・モーターによるアシストがあるとはいえ、間違いなく2.5Lガソリン車の方が走りは面白い

・発進時のパワーは「CR-V」の「1.5L VTEC TURBOエンジン」に負けている。

・時速100km以上となると、「フォレスター」の2.5Lガソリン車の方が上。

・「スポーツモード(S)」にすることで、回転数が上がり加速性能は向上。

・停車する直前にe-BOXER車はエンジンを停止させモーターだけで走行するため、とても静か。

・発進時は緩くアクセルを踏み込めばモーター走行できましたが、数秒程度で短かい。

走りで選ぶなら2.5Lガソリン車、燃費性能で選ぶならe-BOXER車。

photo16

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

・山間部、高速での追い越し時にはSモードが強烈に加速。

・GP系XVからの乗り換えですが、速く、パワーもあり満足。

・初めてのe-boxerだがターボとは全く違う加速感で街乗りでも高速でも滑らか。

・モーター音は静かでいい。

・2.5ノンターボでも街乗りから高速、峠と全く不満ありません。

・大人しくも元気にも走れ、普通の使い方では不満は無い。

・2.0lのe-boxerですが、必要にして十分なパワー。

・マイルドハイブリッドですが、意識していないとモーターアシストとエンジンパワーの境を感じられず。

・必要にして十分。前車も新型もl モードでしか走ったことはありません。

・2500ccに比べたら非力だが、坂道も追い越しも適宜モーターのアシストが入り 特に不満は無く十分な力強さ。

・2.0Lエンジン+モーターアシストに期待してスタートしましたが正直なところは残念な印象でした。

・2.5リッターモデルに試乗しましたが、街中は必要十分。

・CVTも進化したのかよりリニアに感じるようになり違和感がほぼ無い。

・モーターアシストは扱いやすく、モタツキは感じない。

・NAエンジンとは異なる「モーターアシストのフィーリング」が面白い。

・高速や峠でも、車の流れに乗って通常運転をしていれば何ら不満はない。

悪い口コミ

×高速道路などではモーターアシストのない2.0リッターエンジン。

×モーターが非力過ぎてただの重りにしかなっていない。

×アイドリングストップ→モーター走行→エンジンへの切り替えが不安定。

×アイドリングストップ中に頻繁にエンジンが掛かったり切れたりする、

×advanceでは、高速域でのモーターアシストがない。

×e-BOXER車は2.5Lガソリン車と比べて100kg以上重くなっているため、走りも重く感じる。

×モーターによるアシストを過度に期待しているとがっかりするかも。

×エンジンの吹け上がり音があまり気持ちよくない。

×XTの加速に慣れていた為、アドバンスはパワー不足感が半端なかった。

×スタートでアクセル踏み込んだ時に、ワンクッション遅れてモタモタ加速…。

×普段XTのSモードで運転しているのでモーターアシストを感じられるのはスタートしたわずかの間だけ。

Advanceと2.5Lのエンジン性能に大きな違いで多くのコメントが寄せられています。

Advanceは今回の新型フォレスターから加わったe-BOXERと呼ばれるマイルドハイブリッドで2.0Lエンジンは最高出力が145psでモーターとるくが13.6psが組み合わされます。

2.5Lは直噴化された2.5Lエンジンとなり、最高出力は184psです。

グレードによってタイヤインチが変わります。

Advanceは2.5Lに比べると絶対的なパフォーマンスでは譲ることになります。

エンジンの回転数が高めの領域では電気モーターの恩恵はほとんどなく、コメントにも同様の意見がありますね。

エンジンの排気量の違いが正直に表れていると思います。

高速道路などでにロングドライブやスポーティな走りでは2.5Lが向いているといえます。

街中で走る機会が多く燃費への関心が高ければAdvanceでしょうか。

フォレスターの走行性能の口コミ・評価

photo14

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・第一印象で「走行安定性が高い」と感じる。

・試乗した国産同一価格帯のSUVの中では走行安定性は一番良い。

・基本100キロ以上の速度で高速を毎日走る人は2.5が良い。

・街中でのAdvance走行性能に不満を持つ方はiモード試乗でのレビューが多い印象。

・Iモードは従来フォレスターと完全に方向性の異なるエコモードなので、パワー不足を感じるのは当たり前。

SGPの恩恵やハンドリングの良さ、Xモードの走破性は想像以上の出来。

・市街地、ワインディングまたは悪路であっても、スバル車種らしい「走る喜び」を感じる。

・「走る喜び」性能として体現出来ているSUV車種はこの価格帯ではフォレスターのみ。

・ラグジュアリー感を高めているのは車内の高い静粛性。後席の子供と会話しやすい。

SGPの恩恵でしょうか、ドッシリと地に足のついたような安定感のある走り。

・アイサイトツーリングアシストは最高。

・ワインディングにいくと水平対向の低重心を感じ気持ちよくコーナーを抜けていく。

・アドバンスがここまで良いとは思ってませんでした

・渋滞にはまった時などハンドル触っているだけで全く疲れ知らずのアイサイト。

・直進性、コーナーでの接地性は流石。

・SUVと思えない走行性能で、車高の低いレヴォーグと比較して、不足を全く感じない。

・アイサイトツーリングアシストが秀逸で、ver.3からの進化を感じる。

SGP採用による走行性能は、他の国産SUVと全く異なり上質。

SGPの凄さはカタログスペックでは、決してわからない。試乗は必須。

スバルグローバルプラットフォーム

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

・直進安定性がよく「運転が上手くなった気がする」。

・コーナーでの安心感がまったく違う。SUVであることを忘れてしまうほど、安定した走り。

・ロールが少なく、パワーもあるため、峠でも楽しめる。

・加速、減速、旋回、どんな状況でも姿勢が安定。

・視界の良さも相まって極めて運転しやすい車。

SGP最高です!このプラットフォームを設計した人は天才。

・試乗で最初の交差点を曲がった時に「これだ!」と感じた。

・背の低いスポーツカーのようなダイレクト感。

・SUVと思えないハンドリングでハンドルを切るのが楽しくてしかたない。

・AVHは一般道 特に坂道発進など1度使ったら辞められません

・アイサイトの機能だけでもこの車にして良かった。

キャプチャ3

引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/

・前車ミニバンとは全く別の乗り物。

SGPによる挙動の素直さを感じることができる。

・車高の高いSUVになったにもかかわらず、山道のカーブなどで簡単に曲がれる。

・凸凹も、凸凹をちゃんと感じさせつつ、ロールが素直に収まる。

・乗った人はみなさん静かですね視界いいですね、という。

・ツーリングアシストもいいですねえ。安全機能もぐっと向上しています。

・全く不満なし

・高速ではツーリングアシストがとにかく楽で最高!

・毎日高速を使っていますがアイサイトVer3で本当に運転が楽になった。

・CX-5も視界が良い方だとは思いますが、それを凌ぐレベルで安心感が違う。

・視界良し、ステアリング良し、シャシー良しですので曲がり角が逆に楽しくなる。

・地に足が付いてる感じがする。

新プラットフォームのSGPを採用しており安定性という面では非常に高いレベル。

・カーブの安定性も含めて比較した車の中で一番。

・先代よりカーブでのロールが少なく、コーナリングの操作性が良くなった。

・走行安定性に安心感があります。冬シーズンが楽しみ。

・アイサイトで高速道路でのロング・ドライブが疲れ知らずになった。

SGPスバルグローバルプラットフォームへの好評価が多いですよね。

ハードウェアを飛躍的に進化させるポテンシャルがあり、XVやインプレッサで積み重ねた経験からの改良が最大限に引き出されているかと思います。

SGPによってボディねじれ剛性は1.4倍、サスペンションもジオメトリーの適正化やリアサブフレームまわりの工夫などで進化しています。

サスペンションのストロークはよりスムーズになっていて路面からの入力に対して素直に動きます。

路面の凹凸がが連続するような箇所では細かな振動もシャットアウトして走りの質感が増している事はまちがいないと思います。

悪いコメントがまったく見当たりません。。すごいと思います。

フォレスターの乗り心地の口コミ・評価

photo5

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・ドッシリと安定感が有り柔らかな乗り心地。

・バック時に自動で角度を変えるミラー、連動する障害物センサーの表示&音、座席位置を「瞬時に」ドライバーセッティングに自動で変えてくれるモニタリングシステムが最高。

・車体の揺れがすぐ治まり、カーブも驚くほどロールがなく、子供が車酔いしにくい。

・街乗りではロードノイズやエンジン音も、角が取れ、会話や音楽を阻害せず、気にならない。

・席は足元が広く、装備も充実で、4人核家族には理想的な車。

・足元スペースも頭上スペースもかなり広い。

・アイサイトの前車追随など長距離では非常に楽に移動できる。

・高速での自動運転は今のところ不安や不自然な動きは全くない。

・乗り心地は大変良い。

・ロードノイズによる突き上げ感が少なく好評。

・乗り心地もとても良く、静粛性も高い。

・段差を乗り上げるときのショックも少ない。

・XVに比べ、柔らかく、ロールも少ないため乗りやすい。

・乗り心地はレヴォーグと比べると勿論いい。

photo12

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

・SGPのおかげか、滑らかで良く足が動きハンドリングとのバランスは高次元。

・単に乗り心地の良い車なら他にもありますが、ハンドリングと両立しているのが最大の特徴。

・他の人を乗せると「外見から想像するのと違って静かで乗り心地が良い」と言います。

SGPの良さだと思いますが非常に乗り心地がよい。

・路面の凹凸の不快さを感じさせない。

・カーブでもロールは抑えられ車体は常にフラットを維持している。

・車内に入ってくる音も抑えられ静かで上質な印象。

・突き上げ感はほとんど感じない。

・18インチ・タイヤになりましたが、先代の18インチ車試乗で感じた道路継ぎ目でのゴツゴツ感はうまく抑えられています。

・ドライバー・シートの座り心地はよく、腰の疲れは残りません。

悪い口コミ

×駐車場でバックで駐車する際に見えない何かに反応していきなり警告音とミラー横のランプが点滅して自動ブレーキが掛かることがある。

×個人的にはシートはもう少しホールド感が欲しい。後席も乗り心地良さそう。

乗り心地に関しても、SGPの効果によるスムーズかつバランスの良い走りになっているコメントがたくさんあります。

SGPによりシャーシ性能が大幅に高まった事が、それが運転のしやすさ、あつかいやすさに大いにつながっていると思います。

SUVらしいタフなイメージが強いですが、実際のコメントはユーザーフレンドリーでソフトであり優しい乗り心地です。

フォレスターの燃費の口コミ・評価

photo1

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■良い口コミ

・街乗り中心でで10km/l前後。

・12~14km/l

・市街地で10km/l、高速で16から18km/l程度なので可もなく不可もなく。

・2.5Lガソリン車の実燃費が10.5km/L前後、e-BOXER車の実燃費が12.0km/L前後。

・高速道路などではむしろ2.5Lガソリン車の方が燃費性能は良い。

・街中で10km強、高速を含むロングドライブでは13kmほど。2.5リッターエンジンですから、満足。

・街乗りで10.5km/L程度、高速道路と半々で10.5km/L。マイルドハイブリッドなので文句なし。

・信号の少ない田舎の道を20キロゆったり走って17~19km/L、

ハイブリッドですが燃費は他社ハイブリッド同様には期待しない方が良い。

・約11km/l~約16km/lくらいでいたって普通。

悪い口コミ

×燃費よりガソリン容量の少なさ(48l)が気になります。

×都内乗りだと10k/L位なので良く無い。

×乗り方によるかもしれないが8km/Lしか伸びない。どうすれば14kmとか走れるのか謎。

×ハイブリットなのでタンク容量も小さく、燃料があまり積めないのが不便。

Advanceの燃費はハイブリットにしてはソコソコの燃費になっているみたいです。

一般のハイブリッド車と異なり、e-BOXERはモーターの速いトルク応答を利用して、走る楽しさを高める事を主眼にしています。

電気モーターのトルクを旋回の立ち上がりに生かして、コーナーリングを楽しみ悪路走行に活かす考え方です。

フォレスターの口コミ・評価のまとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd_t

いかがでしたでしょうか?

エクステリアはキープコンセプトに見えながらも細かい部分での改善を積極的に盛りみ好評価でした。

インテリアに関しては質感が向上し力強さが増したコメントがありました。

またスバルらしい視認性と操作性の良さは言うまでもなく好評価でした。

エンジン性能ではAdvanceと2.5Lのエンジン性能に大きな違いで多くのコメントがありました。

Advanceは2.5Lに比べると絶対的なパフォーマンスでは譲ることになります。

高速道路などでにロングドライブやスポーティな走りでは2.5Lが向いているといえます。

走行性能ではSGPスバルグローバルプラットフォームへの好評価が多数ありました。

ハードウェアを飛躍的に進化させるポテンシャルがあり、XVやインプレッサで積み重ねた経験からの改良が最大限に引き出されているかと思います。

路面の凹凸がが連続するような箇所では細かな振動もシャットアウトして走りの質感が増している事はまちがいないと思います。

悪いコメントがまったく見当たらず、走行性能は極めて好評価でしたね。

乗り心地に関しても、SGPの効果によるスムーズかつバランスの良い走りになっているコメントがたくさんあります。

SGPによりシャーシ性能が大幅に高まり、それが運転のしやすさ、あつかいやすさに大いにつながっています。

燃費についてはAdvanceの燃費はハイブリットにしてはソコソコの燃費になっているみたいです。

スバルが満を持して発売した新型フォレスター。

万能クロスオーバーモデルとしてスバルらしい良心と実直さを兼ね備えて存在感を更に増した正統派モデルであることがわかりました。

皆様にもさまざまなこだわりがあると思います。

素敵な1台を見つけて頂けば幸いです。

アイキャッチ画像URL:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

「この⾞、予算オーバーだ…」

「値引き交渉したいけど苦⼿で…」

「ディーラーを回るのが⾯倒だ…」

「新⾞を最安値で⼿に⼊れたい…」

「⾞種を⽐較する時間ないな…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新⾞の購⼊を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる⽅は
⾮常に多くいらっしゃいます。

家族や友⼈に相談したところで
まともに聞いてもらえず


また聞いてもらったところで
欲しい⾞に⼿が届かない。


そんな⽅にオススメの裏ワザを
ご紹介します。


下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。