スバルってどうなの?スバリストから愛されるその訳は?

シェアする

「スバル」ってどんな会社なのかご存知ですか?

自動車メーカーとしては決して大手とはいえないスバルですが、その革新的なクルマつくりに魅せられる方は多いですよね。

スバルが作り出した主要モデルであるレガシィ、インプレッサ、フォレスター、レヴォーグに搭載されているコア技術の紹介しててスバルの魅力に迫りたいと思います。

またスバリストがスバルを愛する理由についても紹介します。

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。


スバルってどんな会社?

img04

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

スバルってどんな会社?

個性的で独創的! スバルを一言でいうとそんな会社です。

世界で唯一の「縦置き水平対向エンジン」+「4輪駆動」という二つのコンセプトで走りに磨きをかけました。

暴風にも大雨にもそして積雪にも負けない質実剛健な走り。

クルマ作りに一切の妥協を許さないエンジニアたちが育てた「操縦する楽しさ」と
安全であること」を両立する見事な技術力。

デザインは洗練されいるとは言い難いかもしれません。

しかし、これだけの走りの実力を提示された後ではデザインはご愛嬌です。

少なくとも「洗練されているだけのクルマ」よりか何倍も愛着がわきます。

スバルのルーツは航空機メーカー?

img-section01

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/

スバルのルーツは日本最大規模の航空機メーカーであった「中島飛行機」です。

旧日本陸軍の歴代の主力飛行機だった一式戦闘機「隼」(はやぶさ)や二式戦闘機「鍾馗」(しょうき)そして零式戦闘機(ゼロ戦)のエンジンを設計した航空機およびエンジンメーカーです。

レガシィー、インプレッサ、フォレスターに搭載されたスバルのコア技術とは

10452001_199110

引用:https://ucar.subaru.jp/catalog/

10451005_199411

引用:https://ucar.subaru.jp/catalog/

10452006_199707

引用:https://ucar.subaru.jp/catalog/

10452019_201901z

引用:https://ucar.subaru.jp/catalog/

スバル車をスバル車らしく支えているコア技術とはいったいどんな技術なのでしょうか?

先進の技術を取り込みながら、熟成を重ねてきた独自のテクノロジーを理解する事でより一層スバルの魅力を理解する事が出来ると思います。

それらの技術はレガシィー、インプレッサ、フォレスター、レヴォーグのスバルを代表するクルマに搭載され続け、スバルブランドを唯一無二の存在にしているのです。

それではいくつかご紹介させて頂きます。

水平対向エンジン

pls_01

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_boxer.html

スバル独自の伝統のボクサーエンジンです。

一般的な直列やV型レイアウトと比較しても全高が低く、低重心に抑えられるというメリットがあり優れたハンドリングや走行安定性に寄与しています。

また軽量でかつコンパクトでありエンジン自体が左右対称なので慣性の力を打ち消し合う効果で振動がすくなくなり、吹き上がりがよくなります。

その結果、高回転域までスムーズに回る点も特徴です。

シンメトリカルAWD

キャプチャ

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_awd.html

左右対称による高バランスで走りを支えます。

水平対向エンジンとトランスミッション、そしてシャフトのパーツ類が一直線に左右対称にレイアウトされたスバル独自のパワートレインです。

これによって4輪にかかる荷重が均等になるため、様々な路面状況においてタイヤの設置性を確実に引き出すことが可能となります。

コーナーリングやブレーキングの性能を向上させています。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)

キャプチャ1

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

次世代のクルマ作りを見据えた新型シャーシー。

シャーシー剛性を従来比で1.7倍から2倍向上させて、ドライバーの意思に忠実なまっすぐに走る事が出来るハンドリング特性を獲得する事が出来ました。

フレーム構造の最適化や各部のパーツ結合を強化し、車体のねじり剛性においても従来比で1.7倍までアップしています。

これにより、不快な振動や騒音のない快適性を確保する事が出来ました。

重心高を5mm下げた事で安定した走りを獲得し、衝突エネルギー吸収率も1.4倍に上がっています。

アイサイト

キャプチャ3

引用:https://www.subaru.jp/safety/eyesight/

スバルの代名詞となった最高レベルの運転支援システムです。

左右ふたつのカメラで常に車両前方を監視してクルマや歩行者、車線やブレーキランプを認識します。

その情報を元にソフトウェアが必要な制御を判断して衝突の危険がある場合にはドライバーに注意を喚起、回避操作がなければブレーキ制御をおこないます。

前車追従機能付きクルージングコントロールや車線逸脱制御のツーリングアシスト機能が新に加わり更なる安全性が向上しました。

リニアトロニック

img06

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/story/lineartronic.html

進化を重ねるスバルの無段階変速機

2009年に発売された5代目レガシィから搭載されましたリニアトロニック。

1987年の他社に先駆けて乗用車用の量産CVTを市販しました。

CVTはエンジンをもっとも効率がよい回転域を使用でき、燃費を向上させます。

30年の年月を経て高効率で好フィールなCVTを完成させました。

スバリストがスバルを愛してやまないその理由は?

スバリストという言葉をご存知でしょうか?

一言で言いますとスバルの熱狂的なファンの愛称です。

革新的なクルマつくりに魅せられた熱狂的はファン。それがスバリストです。

スバリストは昔から存在していました。

一方ではここ最近では、クルマの事はよくわからないけど、「アイサイト」が欲しいといったライトユーザーのスバリストも急増中です。

プロも顔負けのマニアックな方からライトなファンまで「スバリスト」達がスバルを愛してやまないその理由をご紹介していきましょう。

F1と並ぶ世界トップのカテゴリーWRCを制した走りを体験する事が出来る。

キャプチャ3

引用:https://www.subaru.jp/boxer50/?1ef10730

市販車ベースの戦いで圧倒的な速さと強さを誇ったスバル車。

WRC(世界ラリー選手権)で数々のタイトルを獲得した勇姿は今も我々の目に強く焼き付いています。

1980件のサファリラリーを皮切りにレオーネからレガシィ、インプレッサにベース車両を換えながら水平対向エンジンとシンメトリカルAWDをコア技術とするスバルのマシンたちは世界を制しました。

その技術やスピリッツが市販車にもフィーバックされるのです。

スバリスト達はスバルに乗るときにこの上ない誇りと歓びを感じているのです。

ファッショナブルでは無いが、それが却って落ち着いて乗れるデザイン

安心感のある独特のデザインは普段乗りに最適なのです。

スバルのクルマって「出来はいいけど、デザインがいまいち」って評される事が多いですよね。

それはある意味その通りで客観的にみても「洗練されたオシャレなデザイン」とは言い難いです。

スバルは普段着なのです。それがスバリスト達になかなか心地よいものになっているのです。

低重心だからこそのスバルらしい走り

img04 (1)

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/story/dit.html

エンジンそのものの位置を下げる事でメリットが得られるのです。

スバル車全般に共通する基本性能の高さを成り立たせているもの。

それが水平対向エンジン採用による「低重心な設計」なのです。

クランクシャフトを中心に水平かつ対象に配置したピストンが慣性力を打ち消し合う効果で振動の少ないスムーズなエンジンフィールとなる水平対向エンジン。

アクセルワークに忠実にレスポンスを実現する事が出来るのです。

スバリストは「自分の思い通りに走れる」いうスバル車ならではの走行フィールを感じているのです。

スバルとは?のまとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd_t

いかがでしたでしょうか?

スバルとはどんな会社なのかご理解頂けましたでしょうか?

スバルを一言でいうと個性的で独創的!なんですよね。

「操縦する楽しさ」と「安全であること」を両立する高い技術力をもっている一方ではデザインにはあまりこだわらない。

また元航空機メーカーならではの安全性を徹底的に追及するDNA。

スバリスト達にスバルがなぜ愛されるのか?その理由がわかる気がしますよね。

皆様もこの記事でスバルってどんなメーカーなのかご理解頂けましたら幸いです。

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

「この⾞、予算オーバーだ…」

「値引き交渉したいけど苦⼿で…」

「ディーラーを回るのが⾯倒だ…」

「新⾞を最安値で⼿に⼊れたい…」

「⾞種を⽐較する時間ないな…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新⾞の購⼊を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる⽅は
⾮常に多くいらっしゃいます。

家族や友⼈に相談したところで
まともに聞いてもらえず


また聞いてもらったところで
欲しい⾞に⼿が届かない。


そんな⽅にオススメの裏ワザを
ご紹介します。


下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。