スバルグローバルプラットフォームの採用車種やメリットデメリットを紹介

シェアする

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)をご存知でしょうか?

2016年にスバルから発表された次世代プラットフォームの名称になります。

採用機種やメリットやデメリットについて紹介いたします。

実際にどんな技術なのか、どこが凄いのか詳しく見てみましょう。

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。


スバルグローバルプラットフォーム(SGP)とは?

platform_pict_2

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

スバルグローバルプラットフォーム。

それはスバルが長年において培ってきた知見や技術力、そして未来への意志が注ぎ込まれた、次世代のプラットフォームの事です。

道路や路面環境を問わず、乗る人すべてに最高の安心と愉しさを提供することを目指して開発されました。

安全と走りのかつてない性能進化を実現しているのです。

その新たなコアテクノロジーがスバルグローバルプラットフォーム(SGP)です。

クルマのある人生をより自由で豊かなものに変えていくスバルの思いがSGPには込められています。。

インプレッサ:スバルグローバルプラットフォームのテクノロジー

SGPの特徴は具体的には「総合安全性能」と「動的質感」の進歩があげられます。

総合安全性能に関してはスバルは元々は航空機メーカーでありそのDNAを受け継ぐ歴史の価値があり、あくなき探究に終わりはありません。

動的質感はクルマを操作した時に感じる音や質感、いわゆる「気持ち良さ」に他なりません。

これはスペックでは表現できない感性の領域にあるものになります。

目指したのはストレスのない最高の安心と運転する楽しさです。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)の取組は車体と足回り全体の徹底的な剛性強化にあります。

そしてサスペンションの改良。これまで以上の低重心化と多岐にわたっています。

新しいフレームワークを採用する事で、衝撃を効率的に分散する事ができる構造を開発しています。

インプレッサ:スバルグローバルプラットフォームの走りの質感

走りの質感について説明しましょう。

ステアリングの操作に対してクルマが迅速かつ正確に反応し思い通りの走りを実現します。

またドライバーが意識しないで行っているステアリングの切り増しや切り戻しも軽減しますので常に安定した走りが可能になります。

それに加えて剛性が強い事で不快な振動や騒音が少ないことが特徴になります。

静かな車内で揺れの少ない快適なドライブを全ての人が楽しむ事が出来るのです。

具体的にはシャーシー剛性を従来比で1.7倍から2倍向上させています。

サスペンション取り付け部の剛性も高めていますのでサスペンションをしっかりと機能させる事が出来、優れた乗り心地をもたらします。

重心高を5mm下げています。

その結果、より安定した走りを獲得して高い危険回避性能を備え衝突エネルギー吸収率は1.4倍に向上しています。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)の採用モデルは?

2016年に発売のインプレッサスポーツ/G4

photo11

引用:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/special/photo.html

5世代目インプレッサスポーツ/G4でSGPが初めて搭載されました。

特徴的なのはこの車種から安全性能で、日本車で初採用となる「歩行者保護エアバッグ」を全車に標準装備しました。

バンパー内部の圧力センサーにより歩行者との衝突事故を検知し、瞬時にフロントガラスとAピラーの下端をエアバッグで覆うことで、歩行者の頭部へのダメージ軽減を図る装備です。

このようなエアバッグを組み込む空間は、設計の初期段階から要件に入っていないと実現することはできず、安全性を優先したSGPの思想が現われている部分だと思われます。

2017年に発売のXV

photo9

引用:https://www.subaru.jp/xv/xv/special/photo.html

3代目となる現行モデルから搭載されました。

スバル・グローバル・プラットフォームを採用した初のSUVとなっており、これまでのXVとはクルマづくりの根本から変更されています。

SGPがもたらす上質のドライブフィールは絶品で、ピッチングやロールなども従来型よりも明らかに小さく抑えられています。

最低地上高200mmに対応した最適なセッティングができるよう、これまでのプラットフォームではできなかったところをSGPで大きく改良しています。

足まわりではその修正をしっかり反映して、SUVでも最適なセッティングを実現しています。

2018年発売のフォレスター

photo9

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/special/photo.html

昨年発売の新型フォレスターから搭載されました。

インプレッサ、XVと積み重ねた経験からSGPのポテンシャルを最大限に引き出す進化を遂げています。

パッケージングの改良がされています。

ラゲッジルーム開口部は幅が1300mmと広く取られ、使いさすさを重視した形状となっている。

この形状はボディ剛性的には不利な方向に働くがSGPで根本的な剛性向上が図られている事でこの広い開口部を実現する事が出来ています。

またホイールベースは30mm延長されて、居住性も向上しています。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)のメリット、デメリット

SGPのメリット

総合安全性の向上

img03

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

従来では進行方向に対して真っ直ぐに通されていたフロアサイドフレームをなだらかな形状とし斜めに配置することでリヤサイドフレームと連続性を持たせていること。

フロアトンネル(フロア中央)の両側にもフレームを通すことで、荷重の伝達経路を多重化し、その効果により高い剛性と衝突安全の向上を実現しています。

走りの質感の向上

img04

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

低重心化、高剛性化によりドライバーの意のままに走行しやすい操舵応答性が実現されています。

車内の快適性の向上

路面から伝わる車体の揺れを軽減して路面状況に左右されない快適なドライビングを楽しむことができます。

サスペンションの緩衝性を向上させたことで実現できました。

エンジンの振動を増幅させる共振を防止し、車内の振動や騒音を極限まで減らすことに成功しています。

ねじり剛性が従来比で1.7倍向上したことで実現しています。

キャプチャ1

引用:https://www.subaru.jp/brand/technology/technology/driving_sgp.html

SGPのデメリット

プラットフォームを統一するときに一般的にコメントされるのは、土台が共通なのでそれぞれが似通ったクルマになり特徴が損なわれるのでは?といった事があります。

しかしながら、スバルグローバルプラットフォームを採用した機種はインプレッサスポーツのハッチバックタイプ、インプレッサG4のセダンタイプ、そしてXVやフォレスターのSUVタイプとなり多岐にわたるカテゴリーをSGPは実現しており特徴が損なわれる事はありません。

敢えて言うならばSGPでは「軽量化」の文言はあまり打ち出されていません。

10年先まで見据えた衝突安全性能や、動的質感(走りの質感)を上げる剛性向上などのための質量が加わり、それらが軽量化した大部分を相殺する結果となっています。

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)のまとめ

53e0d72ad9bae4b1e39c3b1c6bf377dd_t

いかがでしたでしょうか?

スバルグローバルプラットフォーム(SGP)についてどんな技術か、どこが凄いのかについてお分かり頂けましたでしょうか?

安全性の向上と走りの質感の向上、そして車内空間の快適性の向上といったクルマに求められる全てをつぎ込んだスバルの次世代プラットフォーム。

機会がありましたら是非、インプレッサ、XV、フォレスターに搭載されているモノ凄い実力をご体験頂ければと思います。

お読み頂きましてありがとうございました。

アイキャッチ画像URL:https://www.subaru.jp/impreza/impreza/driving/platform.html

■新車が値引き金額から更に50万円安くなる裏ワザとは?   

「この⾞、予算オーバーだ…」

「値引き交渉したいけど苦⼿で…」

「ディーラーを回るのが⾯倒だ…」

「新⾞を最安値で⼿に⼊れたい…」

「⾞種を⽐較する時間ないな…」

「ディーラーの売り込みがイヤ…」

など、新⾞の購⼊を
検討しているけど
悩みが尽きない…

と悩んでいる⽅は
⾮常に多くいらっしゃいます。

家族や友⼈に相談したところで
まともに聞いてもらえず


また聞いてもらったところで
欲しい⾞に⼿が届かない。


そんな⽅にオススメの裏ワザを
ご紹介します。


下取りは必ず⼀括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも
多々あります。


⼀括査定サイトを使うことで、
⼤⼿下取り会社の最⼤10社が

あなたのクルマの買取価格を競ってくれるので

結果的に値段が吊り上るのです。